DSCF2062_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.31 (Tue)00:36

■[ 明日館 ] ムラサキシキブ

切花のムラサキシキブって、割合直線的で使いにくいことが多いのですが、今回は流れの良い枝に出会ったので、しゅーと横へ流してみました。
舟形の植物の皮でつくられた花器です。

DSCF2022_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.29 (Sun)00:29

■[ アレンジ ] 紅いアレンジ

ガーベラがなにやら只ならぬ顔をしていたので、主役はってもらいました。
夕方に撮影したので、全体に青みがかった色に見えますが、右下に入っているストックはアプリコットなのですよ。

こちらは宅配にて出荷したのですが、箱に収めないといけないので、少し縦長に作ってあります。箱に入れることを考えると、横長に作りにくかったりするので若干制約がありますが、そこは一番箱の中で安定することを考えてつくるのです。
Gregory(2006/11/14 05:36)
Kaufen Sie die populrsten ED Medikationen komfortabel und privat von zu Hause aus. SPEZIALANGEBOT JETZT BESTELLEN!

Danke.

DSCF2018_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.28 (Sat)15:55

■[ 明日館 ] 同窓会のパーティーに。

立食パーティーの料理卓へ置いていただくお花です。
秋の草花にぽんっと明るいダリアです。

納品後、少々時間があったので、池袋の町へ。
今日は天気がよかったせいか?駐車場はどこも空きがあって、ラクでした。
まぁそうは用がなかったので、ぷらぷらした後ラーメンをがっつりいただき、さて帰るっぺな〜と駐車場へむかいましたが、何も割引をいただかないまま駐車場代を払うのも、なんだかな、と思いパルコさんへ。
ぬぬ、しかしやはり用はなく、世界堂さんでこまごまと買い物をし、やっとこ割引券をいただいて駐車場へいきましたが、結局620円の支払いでした。
あと5分早ければ310円ですんだのですが。
なにやら今日はみみっちこいププラでした。チャンチャン♪

DSCF1986_hp.jpg 190×253 27K

2006.10.27 (Fri)15:49

■[ 日々乃花 ] こちらも。

そういいつつも、さびれた感も似合うので、違う角度で撮ってみました。

白い皿は草だまとか乗せると、ますますキレイでしょうね。

つる草は中国スズカケソウといって、日本のスズカケソウより花が赤紫で、花期は少し遅めです。が、2ヶ月ほど咲きつづけるので息がながいです。
葉裏や茎も紅いので、ブーケに入れるとなんともいえない色気がでます。
とても強い草なので、株もよく成長します。

DSCF1967_hp.jpg 190×253 27K

2006.10.27 (Fri)15:16

■[ 日々乃花 ] 小沼 寛さんの器

個展へ行ってきました。
残念ながら小沼さんはご不在だったのですが、しっかり作品をいただいて帰りました。ホクホクです。

この色彩質感透明感、伝わるかしら。
以前から貝の内側のような感触だな、と思っていましたが、ますますその感が強くなっているような気がします。
一時期、白に寄られたカナと思っていましたが、個人的にはこの貝のような質感が好きなので、最近のこの作品を拝見したときはグググッと引き込まれました。

小沼さんの作品にはやはり加藤さんのくさもの盆栽のように、野の花山の花がぴったりくるものだと思っていましたが、一度でいいから花もりもりの中に合わせてみたくて、今回とうとうやってみました。
花々の中でぴかっと輝く器。
何年も何年も時間をかけて生み出された貝や石の美しさのようでもあり、植物の新芽の美しさのようでもあります。

DSCF1943_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.26 (Thu)22:32

■[ 明日館 ] ステージ装花

音楽会の装花です。

超巨大ダリアがこれでもか!と顔を効かせてくれています。
神々しいほどのダリアです。
凄い迫力です。どうやって作られているのでしょうか。。
イチリン手に取るごとに「あんさん、スゴイヨ」と誉めないわけにはいきません。
花からいただいたエネルギーがポーン、と手に出て、アレンジされた花に出るといいなと思います。

DSCF3343_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.26 (Thu)12:31

■[ ウェディング ] 撮影会。。

こちらも同じく鎌倉の源氏山で撮影しました。

どこかの民族の少女っぽくていいでがしょ?
ブーケは草原からわっと摘み集めたような雰囲気でまとめた、クラッチブーケです。

こちらもヘッドドレスはfranさんです。

モデルしてくれたchidaxちゃん元気?

DSCF3351_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.25 (Wed)16:44

■[ ウェディング ] 撮影会。

実は数年前に行ったのですが、なかなかアップする事ができなかったので今回取り上げてみました。
というのもこの秋のシーズンの花々なので。。

武蔵野音大が近いのもあり、そこの学生さんからドレスをイロイロとお借りして、いろいろなシュチュエイションで撮ってきました。
どこか公園で撮りたいな〜と考えたあげく、鎌倉の源氏山公園に行ったのでした。
少し寒い感がありますが、空気がすんでいて撮影にはバッチリです。

こちらは素敵なライラック色のドレスでしたので、秋色オレンジのブーケを合わせてみました。
ヘッドドレスはfranさんのレース編みです。

モデルをしてくれたkingちゃん元気かな?


DSCF1928_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.24 (Tue)21:08

■[ 明日館 ] 花活け

今日は大実のツルウメモドキを入れました。

はじけるのが楽しみです。

足元に山シダでも入れたいトコだったな〜う〜ん。持ってないし。。
そこで明日館のお庭探索。お、よいクリスマスローズの葉があるではないか。職員の方にムリにお願いして切らせていただきました。
グッドです。
やっぱり切りたての植物のエネルギーは凄いです。いっぱい元気いただきました。ありがとうございます!

DSCF1914_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.23 (Mon)20:49

■[ アレンジ ] ビバーナム

ニュージーランドからやってきたビバーナムピンクです。
グリーンまじりなのが、なんだか紅葉しているような感じがして、今の日本の季節の花色にぴったりです。
気温もこの10月はあちらが平均14℃〜17℃、日本が平均18℃。
花にとっても負担がすくなく、状態良く保てるはずなのですが・・
ただ残念なのが、茎がポキポキポキポキ折れやすい〜〜〜〜〜!
水揚げに問題あるのかな〜、空輸の時間がキビしいのかな〜、花も葉もシャッキシャキだけど、ちょっとした振動でも、花の付け根がポキッ、、、、く、くるしい、、
ブーケに使いたいけどちょいと心配。
ワイヤリングしてどれだけ持つか実験してみよう。

DSCF1895_hp.jpg 253×189 28K

2006.10.22 (Sun)20:01

■[ アレンジ ] 沖縄三線の先生へ

花束お届けです。
新宿にあります「宜野座」さんという沖縄料理やさんへ行ってきました。
お届けしたときは、まだ三線のお稽古中で、暫くその歌声を楽しませていただきました。
冬の沖縄って行ったことないんだよなぁ。
あぁ、ソーキソバ食べたいデス。


・ミワ(2006/10/25 18:31)
私も食べた〜い!冬の沖縄ですか・・私が一番感動したのは背丈もあるポインセチアが自然に庭先や山の中腹を赤く染めるんです。それもクリスマスにあわせて♪沖縄の思い出話なら山ほどありまっせ〜(10年以上前ですけど・・^^;)
・店長(2006/10/25 23:18)
+ミワさん!
ぬお〜!ポインセチアがそんな事になっているとは知らなかったですっ
沖縄のクリスマスって一体どんななんでしょう・・やっぱりカチャーシーですかね?
んんんん、想像できない。
是非何かの機会に沖縄話を聞かせてくださ〜い。

grp1020204533.jpg 190×253 26K

2006.10.20 (Fri)20:36

■[ ジューシー ] 目からビーーーームッ

そろそろ公開終了しているのでしょうか?
のっけから殺されてしまう「エックスメン」は可愛そうだよね。

歳をとるにつれ、単館上映されるような映画はさっぱり観なくなってしまった私。
「エンジェルアットマイテーブル」とか「ポンヌフ」とか「動くな、死ね、甦れ!」とか。そういうの、暫く受け止めてないですね〜〜
もっぱら、発散系です。「ミッションインポッシボー3」なんて、かなりはまりました。ギリギリの叫び、みたいなんが好きですんで。
はやくDVDでないかなぁ。
・森のふくろう(2006/10/21 20:33)
おぉー!、目が光るジューシーの姿はまるでバビル二世のしもべのロデムのような(て、古いなあー。それにロデムて黒ヒョウだし)。店長さん、わりと渋い映画好きだったのですね。私も単館好きですが「MI3」もけっこう好きです。ちなみに今叫び系では「スネークフライト」。ヘビが大挙してハイジャックするという、トンでもない話ですが館内は「キャー」の声があちこちで発せられているようです。(ヘビ嫌いの私は見れないなあ。昔、ヘビが大挙して人を食うなんていう台湾映画を見て失神しそうになった経験があります)
・店長(2006/10/22 20:23)
+森のふくろうさん
ロデムっていた気がします〜〜うろ覚え^^;
「スネークフライト」ちょっと観てみたいと思ってました。「キヤーキャー」言うより「ゲラゲラ」笑っちゃうかも・・ホラー映画とか、ちょっとした「おかしなシーン」を見つけて笑っちゃうタイプなんですよね〜
中学時代もホラー漫画読んでて、男子ーズに悪趣味だと言われてました。。その頃から変わらないのカモ。
・fran(2006/10/23 12:24)
この写真もっとはやくに欲しかった〜クゥゥゥゥゥ!!!!
>のっけから殺されてしまう「エックスメン」
爆・・・。
・店長(2006/10/24 09:03)
+franさん
本当だよね〜私も撮れた時、出遅れた!と思いました。ションボリ。。

DSCF1885_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.20 (Fri)20:29

■[ アレンジ ] お誕生日のアレンジ

ありがたくも毎年オーダーいただいている、バースデーアレンジです。
毎年のようにダリアを入れていたので、今回は薔薇をメインにしよう、と赤に斑入りのラナンキュラ?を手にとりました。
情熱の赤から清純の白へ移行する配色です。

秋は実の赤さにとらわれてしまうので、ついつい赤主体のアレンジを制作してしまいます。
赤い実にキュイーっと吸い込まれてしまうあたり、やっぱり動物だよな、私。と思ってしまいます。
(おしべめしべの構成に囚われてしまうときは、やっぱり昆虫だな、私。と思ってしまうのだけども)

grp1020202835.jpg 253×189 27K

2006.10.19 (Thu)20:23

■[ 日々乃花 ] 祝50000キロ!

信号でふ、と目をやると、な、なんと、記念すべき五万キロ!
なにかの節目みたいじゃぁないですか。
去年はガスケツ^^;に始まり、度重なるエンスト(しかも高速道路で。死ぬ。)、よくよく調べればリコール対象、さらにはオカマを掘られ、今年に入れば駐禁きられたり・・・
いろいろありましたが、無事半分です。ん?半分でしょ、クルマは10万キロのらないと。
折り返し地点、人生はまだ折り返さないぞ、頑張ろうププラ号!
・clips(2006/10/22 12:02)
何時もお世話になってます。
何年で5万ですか?
私の車は今年で8年になりますが
9千Kmです。乗ってね〜
・店長(2006/10/22 20:31)
+clipsさん
ありがとうございます〜〜!書き込み嬉しいです!
9000÷8=一年につき1,125キロですか、移動してませんね〜〜〜
駅近っていうのも関係あるのでしょうか?

ププラ号は今4年目です。意外とそんなもんです。

DSCF1848_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.18 (Wed)20:14

■[ 日々乃花 ] つるをまとめて・・

皆がヤブを伐採しているあいだ、取れたつるでリースをせっせと編んでいました。
伐採そっちのけで、自然から頂く素材はなんてスバラシイんだぁ〜〜と興奮しながら、リース作りに集中です。
せっかくなので、アケビの開いた実やホオの葉を合わせて記念撮影。
有刺鉄線がからむ棒っきれにひっかけたら、なんだか荒野に佇む標識みたいだなぁ、と。
どこを指しているのでしょうか?ヘヴン?・・なんちゃって。。


DSCF1835_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.18 (Wed)19:56

■[ 日々乃花 ] ちょいと那須へ・・

知り合いにつれられて、行ってきました、那須!

紅葉は始まったばかりで、ほんのり色づいていた所でした。

木々の足元にはセンブリが!
この時期、イブニングスターという花が紫花・白花で花屋さんにならんでいますが、この日本のセンブリと仲間なのですよ〜
ジューシーの鼻先にある白い花がそうです。
小さく、ひっそり草の間に咲いていました。

DSCF1803_hp.jpg 190×253 27K

2006.10.17 (Tue)01:22

■[ アレンジ ] アップ

トルコのライトブラウンも入ってます。

ブラウンといえば久米仙ブラウン。
久米仙のグリーンボトルはちょっとイケません。
やっぱり牛乳割だね。

DSCF1797_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.17 (Tue)01:17

■[ アレンジ ] 個展へのお祝いアレンジ

水戸の文化会館で織物の個展をなさる方へのお祝いアレンジです。

少々写真くらいですが。。
つぶれている所には黒蝶とミズウノアールが入ってます。

やっぱりダリアが好き。

1785.jpg 190×253 28K

2006.10.14 (Sat)01:09

■[ アレンジ ] ご葬儀

講座も無事終わり、さらに猛ダッシュでアトリエに帰り、奥沢まで葬儀花の配達です。
今回は札を立てるアレンジです。
普通は菊オンリーにカトレア、とかトルコとデルフィーでもりっとつくるスタイルですが、クライアントさまのご希望で、野草や紅葉枝をいれた野趣のある花々になっています。

このあとは、アトリエに帰って宅配だしです。
それが終われば早稲田にある「葉歩花庭」さんでおいしいおいしいディナーです☆
やっと今日がおわる〜
お疲れ様でした。

m_kouza_1014.jpg 380×500 51K

2006.10.14 (Sat)00:55

■[ 明日館 ] 明日館 公開講座

その後ダッシュで池袋まで戻り。
自由学園公開講座「hanaと遊ぶ、hanaと暮らす」のレッスンです。

少々興奮さめやらず、早朝から働いていてテンションも高く、本日2006年後期の初日だというのに(初めてお会いする方もいるのに)ワケワカラン先生ぶりでした・・皆さんスイマセン。

今期はなにやら歳の近い?方が多く、私も刺激をうけました。
いえいえ、違うのですよ、歳上の方には、その包容力に多少なりとも頼ってしまう所がありまして、ふつつか先生でも許してもらえるかなーナンテ。いけませんね、それじゃ・・
ともあれ、無事始まりました2006後期。途中参加もできますよー。今回はクリスマスのワンデイレッスンもあります。詳しくはこちらを覗いてみてください。宜しくお願いします。

写真はレッスン前の花材。生徒さんの作品です。画像クリックで大きくなります。

DSCF1737_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.14 (Sat)17:39

■[ 日々乃花 ] スリランカフェスティバル

行ってきました〜〜!
今回はステージ上のランプと司会者用演台×2を装飾してきました。
会場はほのかにスパイシーな香りがして、何か食べさせてくれるのかな〜という期待と、すばらしい発色のサリーをお召しになった女性たち、衣装とメイクが素敵な踊り子、ヒルトンのときに演奏していた方々・・気になることがたくさ〜ん!でも、次があるので泣く泣く帰ってきました。。
出店も沢山不思議があって、楽しそうでした。
来年は必ず行こう。スリランカフェスティバル!

写真はランプの様子です。
本来は中心の輪になっている窪みにオイルをいれて、そこからヒモ?をいくつも出して、炎をともすんですって。
こういうイベントでは簡易な方法でキャンドルを置いて、それに見立てるとおっしゃっていました。
普段は領事館に置いてある貴重品です。
・森のふくろう(2006/10/16 12:16)
私には陽気な印象があるスリランカなのですが、その陽気さがお花からも店長さんのお話しからも伝わってきました。スリランカフェスがあることは前から知ってたんだけど用事で行けなかった...、行けばよかったなあ。無念にもスリランカ料理を食べられなかった店長さんも気軽に、値段もリーズナブルなスリランカカレー屋さんが、練馬駅前にあります。ランチセットだと、いっぱいスリランカ料理が食べられますよ。お店の内容は、下記からアクセスしてみてください。
http://www.diyadahara.tokyo.walkerplus.com/index.html
・店長(2006/10/17 00:55)
+森のふくろうさん
うお!行かねば!
どうもありがとうございます。いつもイイ情報いただいてま〜す。
来年はスリランカフェスに行ってみてくだされ!

DSCF8072_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.12 (Thu)21:23

■[ アレンジ ] どういう生活?

今日はガレージ=物置(天井が低いのでセダンしか入庫できないガレージ^^;)を気合入れて掃除しました。
なぜ気合イ入れるかって・・3ヶ月ほっといたからです。
しかーし、三ヶ月放置すると、未知の世界がひろがっていました。
なんと、よくあるオアシスのグリーンのプラスチック容器があるじゃないですか、あれにオアシスを2ブロックいれたまま・・にしていたのですが、なんと、オアシスはずすとアリ・ant・の大群が!
しっかり巣になってました。なんでだぁ〜。
あったかくていいんでしょうかね?まぁ、近くには球根の死骸があったので、それがご飯になっていたのでしょうかね。。。
その後、水攻めで蟻ちらしをしたら、しっかり噛まれました。
ごめんごめん、殺しやせんから、どっかいって。

写真は去年のりースです。
今年もこんなカッコイイ、ヒマワリの蕾がでるかな。
・fran(2006/10/13 15:20)
蟻・・やるなおぬしたち!!
ちっくしょーーーって思ってるよきっと。

今年はお世話になった人にドライリースを送りつけようと思っているんですが、ざっと数えて10人ぐらい・・・今度グルーガンかして!!
・店長(2006/10/15 17:35)
+franさん
いっぴき室内までくっついてきたヤツがいたよ。根性アリです。

10個とは大仕事だねぇ。うちのグルちゃん使って下さい。

DSCF1718_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.11 (Wed)22:45

■[ 明日館 ] 長くて丈夫

えんらい長いコスモスがいたので、ゲットしました。
出来るだけそのままで使いたかったのですが、天井についてしまうので23センチばかし切り落としました。長いでしょ?

こんなにまっすぐ強くどーやって生産しているのでしょうね。スゴイです。

いよいよ今週末14日より明日館公開講座「hanaと遊ぶ、hanaと暮らす」の2006後期がはじまります。
今期はどんな顔ぶれかしら、皆さんにお会いするのが楽しみデス。

DSCF1711_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.11 (Wed)22:41

■[ 日々乃花 ] のびてーる

先週活けていた花をさげていると、ふと目に留まったシッサスオバータの先端。
ムムム、新芽ならぬ新根が展開しているではありませんか!
びっくりー知らなかった。。
いつも使うときは乾かしてしまう状態で使うので、水に入れておくと伸びるとは、おお、生きておったか!と驚きでした。

よーく見てください、赤みがかった先端、2cmくらいが新根ですよ。

DSCF1697_hp.jpg 190×253 26K

2006.10.10 (Tue)15:15

■[ 日々乃花 ] スリランカ大使館さまの装花

昨日、ヒルトン東京Hにてスリランカのイベントに使われるランプへ装花をしてきました。

事前の打ち合わせでご要望をしっかりお伺いしていたので、これでしょ!と気合入れてお作りしたところ、大変お喜びいただけて嬉しかったデス^^!

この花を制作しているとき、ステージではさまざまなリハーサルが行われていたのですが、その中でも打楽器の演奏がすばらしく、感動で涙でそうになりながら

すっこんここっこっこっダダン「ふんっ」←花挿してる
ダンダカンダッダッダンダダン「ふんっ」←花挿してる
ダランダッダンダッこっここん「ふんっ」←花挿してる

もーノリのりフラワーショウ状態でした。気分良かったです。

多分、今週末のスリランカフェスティバル(代々木)でもお披露目してくれると思うので、時間あったら聞きに行ってみてください!
やっぱり太鼓の音は鼓動に近いのかな、興奮しますよ〜
・fran(2006/10/13 15:17)
HAZUKIオンステージ☆気分だったのね!(笑)じゃぁ、今度後ろで踊るよ。
すごいねすごいねーーー一番上に鳥?がいるの?これがランプ?
・店長(2006/10/15 17:39)
+franさん
うんうん!頭ふってた☆ちょっとヘン?
たぶんfranさんあの衣装とメイクはにあちゃうね〜〜。
どんなかって?うふ、想像にお任せします。
ランプの話は10/14のブログみてね〜

DSCF1689_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.08 (Sun)15:04

■[ ウェディング ] ブーケ横顔

イブミオラが美味しそうな咲きかげんで、私の気分も上々です。
このままパーティーでもキープしますように、と願いを込めてお届けです。

ほんの少し入れたサンシュユの実がグミみたいで、余計に食欲をそそるのかしら。

秋の実りブーケなんて、今度作ろうカナ。

DSCF1691_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.07 (Sat)15:00

■[ ウェディング ] ラウンドブーケ

新郎新婦の仲間たちが開くウエディングパーティー。
友達が集まりあって二人のお祝いの為に走り回る^^
そんな素敵なパーティーでのプレゼントブーケでした。

新婦さまはカワイイもの好き、おもちゃ好き。
ということで、秋入ってるのだけど渋くならないよう
ラブリー路線でお作りしました。

DSCF1663_hp.jpg 190×253 26K

2006.10.05 (Thu)14:45

■[ 日々乃花 ] 告別式

写真はアレンジの一部です。

お別れのとき、祭壇の全ての花を切り出し、皆の手でその花を棺にいれていきます。

最後の言葉をこめて花を入れていくご遺族、参列の皆様の姿を目にすると、何度立ち会っても涙をこらえるのに必死になります。

白やグリーンの花々が添えられていくなかで、このダリアのポっと明るい色が、皆様の慰めになったらな、と思いました。

DSCF1671_hp.jpg 190×253 28K

2006.10.04 (Wed)14:34

■[ 日々乃花 ] ご葬儀

桐ヶ谷斎場でのご葬儀でした。

祭壇の両サイドと式場の入り口に、野草を主体としたアレンジを置かせて頂きました。

祭壇にもふんだんに草花が使われているので、それだけで普通の菊装花とは違ったやわらかな雰囲気がでているのですが、さらにアレンジを各所に置くということが、よりいっそう山野の自然の中で送り出しているような、そんな空間をかもしだしています。

DSCF1635_hp.jpg 253×189 28K

2006.10.03 (Tue)

■[ 明日館 ] ダリア

・ダリア
・ベニスモモ
・シサスオバータ
・リフレクサム
・フジバカマ
・アスクレピアス
・白花ミズヒキ
・シースター

まあるい足付きの花器へ活けてあります。
去年くらいからでしょうか、ダリアは通年出荷があるようにおもいます。
でも今が旬カナ。

華やかであり、品がある花だと思うのですが、地方によっては「お墓の花」のイメージが強いようで、時々残念に思うことがあります。
菊もそのように思われがちですが、先入観って打ち破るのにそうとうのエネルギーが必要ですよね。
その位、人の概念を変えてしまう程の花が活けられたら・・スゴイですよね。。
ガンバロー。

DSCF7537_hp.jpg 160×213 25K

2006.10.02 (Mon)

■[ 日々乃花 ] 茶花

写真を整理していたら、去年の今ごろの写真がでてきました。

・高嶺ナナカマド(だったカナ^^;)
・ホトトギス
・風草(カゼクサ)

「草」で活けてます。
ナナカマドは極力、葉と実を落とし、枝の繊細なラインをみせます。
実は豊かさも表現したいので、落とし過ぎないように注意します。
ホトトギスは咲き始めのものを一輪だけみせますが、蕾はほどほどに残します。
そして、風草は穂を少し整理してそっと入れます。

茶花を活けるのも、ようやく楽しい季節になりました。
夏は直線がつよい草がほとんどなので、苦戦するんですよね。
秋の実物にてり葉、つるもの。わくわくしてきます。

11月の茶会にはこんな茶花がいくつも用意されるので、茶花にご興味ある方、是非ご連絡ください!

DSCF1616_hp.jpg 190×253 27K

2006.10.01 (Sun)

■[ 山野草 ] 秋です。寄せ植えシーズン。

ひさびさの山野草〜

秋を感じると、土をいじりたくなってきます。

坑化石鉢に植えてみました。

・小葉のズイナ(切花ではリョウブとひとくくりにされています)
・白花ホトトギス
・キリシマリンドウ
・宿根コバンソウ
・日高ミセバヤ

上手くもちこめるとイイナ。

2006| 010203040506070809101112

2007| 010203040506070809101112

2008| 010203040506070809101112

2009| 010203040506070809101112

2010| 0102030405060708101112

2011| 040506070809101112

2012| 010203040506070809101112

2013| 0102030405060708091112

2014| 0104050610

2015| 0304050607080911

2016| 010405

2017| 01