200601312.jpg 190×253 29K

2006.01.31 (Tue)

■[ 明日館 ] 花活け

ムシカリにルピナス、エピデンドラム、アイビーです。
まだまだ寒さが続く雰囲気で活けたいのですが、ルピナスなんて入れてしまいました。小春です。
明日館のスタッフの方に「春がきたな〜」と通りすがりのコメントを頂いて、うふふふ、とにやけてしまいました。
花を見て何かを感じて頂くのは、やはり嬉しいことです。

200601274.jpg 190×143 29K

2006.01.27 (Fri)

■[ 明日館 ] 公開講座 2005/12

クリスマスのキャンドルアレンジです。
お好きな器を持参していただいて、ご自宅の飾りたい場所にあった作品にしていただきました。
ケーキのようにラウンドに仕上げた方や、カップ&ソーサーにちょこっと可愛くまとめた方。
自分らしいクリスマスの演出花が出来ました。

200601272.jpg 190×253 29K

2006.01.27 (Fri)

■[ 明日館 ] 公開講座 2005/11

クリスマスのドア飾り。
すべてワイヤーワークで仕上げました。生からドライへと変化する植物をつなぎ合わせていきました。
横へ伸びやかにまとめたり、鳥の羽のように動きを出したり、様々なドア飾りが出来ました。

200601275.jpg 190×253 29K

2006.01.27 (Fri)

■[ 明日館 ] 公開講座 2005/10

こんなデザインの方もいました。
ツルウメモドキの遊ばせ方がおもしろいですね。
花々はきゅっとよせて花びらの重なり合いを楽しんでいます。

200601273.jpg 190×253 29K

2006.01.27 (Fri)

■[ 明日館 ] 公開講座 2005/10

去年の10月です。フリースタイル。
紅葉枝にダリアが美しい一品です。
大輪に草花、そして枝の扱い。それぞれの流れや量感をよく見てアレンジしていただきました。
皆さん大胆な作品に仕上がりました。

200601271.jpg 190×143 29K

2006.01.27 (Fri)

■[ 明日館 ] 公開講座 2005/6

去年の6月はフラワーベースを使ってホリゾンタルに活けていただきました。
オアシスを使うのとは違って、なかなか花留めが上手くいかずに、皆さん四苦八苦されていました。
それでも初めてのスタイルですが、皆さん上手く横へ横へと流れる感じが出ていました。
ガラスの花器は窓辺に置くと、涼しげで良いですね。

200601241.jpg 190×253 29K

2006.01.24 (Tue)

■[ 明日館 ] 四谷へ

仕入に行く道中、私の車は水戸ナンバーなのですが、信号で停車すると、前の車も水戸ナンバー。親近感☆
ナナメ前方を見ると、「松原ミート」のロゴ入り車が。。水戸仲間じゃ〜。

20060124.jpg 190×253 29K

2006.01.24 (Tue)

■[ 明日館 ] バーティカル

とにかくレンギョウが主役で椿はその間から顔を出してくれるとイイナ、という気持で活けました。
むか〜し、安売り花屋でお世話になっている頃、レンギョウはかわいそうにも安い花というイメージを植え付けられて、それ以来、レンギョウを上手く活けられないのですが、今日は素直な気持ちで向き合って、活けてみました。イイカモ?
・しーちゃん(2006/01/25 18:16)
またお邪魔します・・こんなバーティカル素敵ですね〜!最近バーティカルなんて忘れていました。ありがとう♪
・店長(2006/01/25 22:54)
>しーちゃん
やははは、お恥ずかし。でもこれレンギョウが全開すると賑やかしすぎるかもです。蕾おとしてないんです〜。

20060117.jpg 190×253 29K

2006.01.17 (Tue)

■[ 明日館 ] 先取りですが

紫モクレンの開花したところです。

先取りも先取り、言い換えれば時期はずれ。でも立派に美しく咲く花を見るとそんな事は忘れてしまいます。花の持つ力はすごいなぁ。もしくは人間ってイイカゲン。それがいいんです。

しかしヒマワリだけは夏以外に活けるのはツライですね。冬に「ヒマワリにとても思いでがあるのでヒマワリのブーケが持ちたいんです!」なんてオーダーが入ったら、暫く動けなくなるかもナ。

20060110.jpg 190×253 29K

2006.01.10 (Tue)

■[ 明日館 ] 明日館にて

2005/12はクリスマスイベントで花活けがお休みでしたので、久々の明日館さんでした。

冬の寒さに耐える梢、という感じで活けたつもりだったのですが、少々貧・相・・寂しい感じになってしまいました。。写真は足下のアップです。アイスフォーリスが燐として美しいです。

2006| 010203040506070809101112

2007| 010203040506070809101112

2008| 0102040506070809

2009| 03040506070809101112

2010| 0102040507081012

2011| 040506081011

2012| 010407091112

2013| 0102040506070911

2014| 01

2015| 03040507

2017| 06

2018| 02